男性患者さんへの剃毛こぼれ話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男性患者さんへの剃毛こぼれ話
私は今、外科勤務で、手術の前処置で剃毛する機会も多いんです。
はじめて、剃毛したのは学生のときですね。
どうやって良いかわからず、おそるおそるペニスの先端を人さし指と中指でつまむように持って
陰嚢の周囲の毛を剃っていたところ、先輩ナースに部屋の外に呼べれて、
ひどく怒られました。
「手がすべってペニスがズレてしまってカミソリにあたってしまって傷ついたら危ないでしょ」
「恥ずかしいかもしれないけど、剃毛中は左手でペニスをしっかり握りなさい。
ペニスを少し引っ張り気味にして傷つけないように、引っ張ったのと反対側を剃っていきなさい」
病室へもどった私は、「失礼します」と言って先輩に言われた通りにペニスを左手で握って持とうとしました。
でもペニスが小さくなっていてうまく握れなかったんです。
なんとか根元の方から握り直そうとしましたが、亀頭が手のひらの中で遊んでいる感じで、
うまく剃れなかった思い出があります。
経験をつむとなんでもうまくなるものですね。
最初の頃、顔を真っ赤にして処置していた自分がなつかしい。
やっぱり、看護婦も女性ですし、若い男性(特に高校生)が入院すると
みんな誰が受け持ちになるんだろうとドキドキするんです。
剃毛の時、若い方の場合、ほとんど、勃起されますね。
最初から勃起されている方もおられますし、握っている手の中でだんだん大きくなってくる方もいます。
亀頭の先端を濡らしてしまう場合も良くありますね。
でも今まで、一度も射精した方はいませんね。
もちろんこちらからペニスをしごくなんてことあり得ません,
私達は風俗嬢じゃありませんから。
ただ、友人の看護婦からこんな話を聞いたことはあります。
その友人が新人看護婦の補佐を担当していたときのことです。
大学生の患者の剃毛の際、新人看護婦は剃毛がはじめてだったらしく
次のように教えたそうなんです。
「ペニスを亀頭の下のところでしっかり握って持つように」
これは私が最初に教えてもらったのとほぼ同じなんですが、
友人は「少し勃起させると握りやすいかも」と一言付け加えてしまったんです。
はじめての剃毛の際,まず一人でやらせることはないんですが、その日は急患で忙しかったらしく
友人の目の届かないところでその新人さんは剃毛を始めてしまいました。
どうやら、私が最初に経験したようにペニスがちじこまっていてうまく握れなかったようなんです。
困ってしまって、まじめなその新人さんは何度も握り直そうとしても上手く行かず、
友人の言葉を信じてペニスをしごきはじめたらしいんです。
友人が急患の申し送りを済ませて、病室に入ってカーテンをあけると剃毛は済んでおらす、
患者さんの太ももに精液がかかっていたとのことです。
結局その患者さんは、ペニスがもとから小さく、とっくに勃起しているのにそれに気づかず
しごき続けて射精させてしまったようなんです。
後にも先にも、剃毛で射精させてしまった話を聞いたのはこれくらいですね。
みなさんあまり看護婦にへんな幻想をいだかないでください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*