看護婦

小児外科と言う事もあってまだ剃毛する事になれてないみたいで、 おちんちんをつまんで皮を伸ばされたり、玉の皮を引っ張られたり結構イジられました。

中学1年の時に盲腸になって小児外科に入院した時
新人看護婦さんに剃毛されめちゃめちゃ恥ずかしかったです。

小児外科と言う事もあってまだ剃毛する事になれてないみたいで、
おちんちんをつまんで皮を伸ばされたり、玉の皮を引っ張られたり結構イジられました。

最初の内は勃起もせずただ『恥ずかしいな~』って感じだったんだけど、
おちんちんの皮を伸ばされた辺りから勃起しちゃいました。

看護婦さんは一瞬『ワァ!』って顔になったけど、その状態に関しては何も言わず剃ってました。

ただ、今までは親指と人差し指でつまんでたのが、勃起してからは5本の指で持つ(握らないで)
ようになって一回剃るごとに上下に動かすようになって変な気持ちでした。

当時はまだ女性に興味も無くオナニー自体知らなかったので、
その時はただただ恥ずかしい思いでした。

【入浴】19歳の頃の看護婦との体験談

19才のとき。
運悪く両手を骨折してしまい入院することに。
両手の骨折だったが、若くて回復も早いし、短期間の入院だった。
その間、3人くらいの看護婦の人にいろいろな世話をしてもらっていた。
世話をしてもらうと言っても、よくAVなどであるような展開はない。羞恥心への配慮はあるし、看護婦さんたちも暇ではないので、短時間で世話をすませる。
その3人の看護婦さんの中で、20代後半くらいのわりと綺麗な芝崎さんという看護婦の方と、なんとなく波長が合い、すごく仲良く世間話などをする間柄になった。
とても清潔感がありスタイルのよい方で、テキパキと作業を手際よく進めるタイプの看護婦さん。
ある日、芝崎さんにお風呂に入れてもらうことになった。
それまでは、日常程度のムラムラはあったが、病院だからこそという性的興奮はなかった。しかし、今までフランクに世間話をしていた女性に、お風呂に入れてもらうとなると、さすがに19才の私は、体の奥底から興奮を覚えていた。
だが、うぶだった19才の私は、「ダメだ、これじゃ変態だ」と体からの高ぶりを自制するように、自分に言い聞かせていた。
入浴介助用の腕がまくれた薄いピンクのシャツと、ハーフパンツに着替えた芝崎さんは、落ち着いた様子で、私と脱衣室に入り、手際よく私の服を脱がせる。私が恥ずかしい思いをしないようにと配慮してくれて、股間にはタオルをあててくれた。
入浴準備がすむと、芝崎さんはスムーズに私の体を洗っていく。その間、私は芝崎さんに勃起した自分の恥ずかしい姿を見られたくないという思いでいっぱいだった。
けれども、スタートからずっと陰部と遠い位置を洗っていたので、
「あ、これは、勃起せずに恥ずかしい思いをしなくてすむかなと」と、途中からは安心し始めていた。
すると、泡立ちのよいボディーシャンプーを使った、芝崎さんのとてもやわらかい手つきが徐々に陰部近くの微妙な位置に近づいてきた。
でも、そのときは、「ペニスを直接がっつり洗うことは、あるのかな? どうかな」と半信半疑だった。
そんなことを考えているうちに、徐々に私のペニスはムクムクと膨らんでいった。
そして、
「失礼します」
芝崎さんは、私の股間にあったタオルをサッと取った。
その瞬間から、言葉にできない開放感と高揚感が、体から湧き上がり、血がたぎるのが自分でも手に取るようにわかった。
ペニスはみるみるうちに最高潮へ。
10代特有の角度で、かすかに上下に動くほどギンギンに。
陰部を洗い始め少しすると、
「大丈夫?」
芝崎さんは私に声をかけた。
無理もないだろう。これまで、よく話していた私が、入浴介助とともに言葉を発しなくなり、目を閉じていたのだから。
「………」
私からは何も言葉は出なかった。
女性の中には、まるで破裂しそうなほどに勃起したままのペニスを見ると、男性が何か我慢を強いられているように感じる人もいるのかもしれない。
芝崎さんは、気を使ってこの沈黙を解消するように、
「もしかして、溜まってる?」
「………」
羞恥心と性的興奮で私はフリーズしたまま。
芝崎さんは、最高の優しさで
「ここで、出ししゃおっか?」
私、「………」
芝崎さん、「うん、大丈夫だから」
そして、芝崎さんは、私のペニスに優しい力で添えた手を上下させた。それは、しごくという表現にはあてはまらないもので、一定のリズムで余計な力を加えず、まるで背中をさするように温かく、私のペニスを愛でてくれた。
「大丈夫、痛くない?」
芝崎さんの表情は、無理に笑顔を作るでもなく、うっすらとした自然な微笑みを浮かべていた。セミロングの黒髪の芝崎さんの表情は、とても美しく妖艶なものに感じられた。
間もなく、ペニスの奥にある体内の丹田のようなところから、脳天へと熱と快感が、ぶあっとあがってきて、完全な射精感ともいうべきものを得て、自分の全てを解放するがごとく、体にあるものを出し切るように射精した。
精子は芝崎さんの肩を越えるくらいに飛んだ。
私は何も声を出さずに射精したので、芝崎さんは、一瞬ちょっと驚いたようだったが、落ち着いて左手を精子が描く放物線へと入れ、飛び上がる精子を包み込こみつつ、射精が終わるまで、やさしくペニスに添えた右手を上下に動かしてくれた。
「大丈夫? もう、全部出た?」
「はい」
私は、やっと言葉を発することができた。
絶頂感の2、3秒後、私はふと夢から覚めたような気持ちになった。
それを察してか、芝崎さんは、タオルを私の陰部へとそっと戻し、私の体をほぐすように再度、足の指の間までくまなく、全身を洗ってくれた。そこには何故か圧倒的な充足感が存在していた。
それから、翌日の朝に芝崎さんと再び顔を合わせるまでの記憶は、あまり残っていない。
うぶな19才だった私には刺激が強すぎたのかもしれない。
翌朝、芝崎さんと顔を合わせると、
「なんで、笑っているの」と言われた。
恥ずかしさからか知らぬ間に、私の顔はにやけていたらしい。
そして、その後、芝崎さんと前日の出来事について特に話すことはなかった。
仲のいいままの関係で、間もなく私は退院した。

皮膚科の診察でのcfnm

これは、私が大学に入ったばかりの頃の話です。
当時、受験によるストレスが原因なのか定かではありませんが、
全身の皮膚炎に悩まされ診察に行ったところ、
「学生で暇なんだし、ちょっと入院して本格的に直して見るか?」と進められて、
1週間程度の入院をしました。
入院経験の無かった私は、少し不安でもありましたが、
「高々皮膚炎だし話のネタにちょうどいいか。」くらいに考えていました。
で、翌日からお気楽な入院生活を始めたのですが、そんなにお気楽なものではなかったのです。
入院初日に早速「○×号室のKさん、処置室までお越しください。」の放送に誘われて、
処置室へ行きました。
そこでは病棟の看護婦さん達2~3人が待ち構えていて、
その内の一人が私に「じゃあ、その衝立ての向うで、服を脱いで、あっ、パンツも全部脱いでくださいね、それからこのガーゼで前を押さえてこっちに出てきてくださいね。」といいました。
当時童貞だった私は、思春期以降女性に裸を見られた経験がありませんし、
前を隠してと言っても、ペラペラで15cm角くらいの情けない布切れです。
ものすごく恥かしい思いをしながら、しかたなく言う通りにして、
3人の看護婦の前に出て行きました。
そこには体に塗る薬を置くカートみたいなものと、ちょっとした背もたれの無いプラスチック椅子がおいてありました。
最初は椅子には座らずに立ったままで上半身を中心に薬を塗布され、
そのあと椅子に座らされて太ももなどに薬を塗られました。
そのときはとにかく恥かしさと緊張で「こんなことなら入院なんかするんじゃ無かった。」と後悔したものでした。
そして毎日この”処置”は行われたわけですが、確か3回目くらいの時だったと思います。
そのときは病棟の看護婦の人数が足りなかったのか、30前くらいの結構控えめな看護婦さん一人でした。
わりと綺麗な「おねえさん」って感じの人でしたから、
(今日はちょっとラッキーだな)などと思っておりました。
裸になるとやっぱり恥かしかったのですが、その看護婦さんに全身を触られている間に、
不謹慎な妄想が頭をよぎってしまい、例の小さなガーゼのなかで、すこしペニスを勃起させてしまいました。
椅子に座っての処置に移り、内股などに薬を塗られていきました。
いつもはそれでおしまいなのですが、その看護婦さんは、ちょっとモジモジしながら、
「あの、ごめんなさい、前の方も、、外していただけますか・・」と言ってきたのです。
そう言えば前日の診察(男の医者に全身診られる)で、ペニス周辺も塗っといた方がいい、
みたいなことを言われたのを思い出しました。
しかしやはり女性に、童貞の、しかも仮性包茎のペニスを見られるのは、
とても恥かしいことでした。
でも拒否するわけにもいきませんから、言う通りにガーゼと手を外して、
その看護婦さんの目の前にペニスをさらけ出しました。
彼女は「ごめんなさいね、すぐに終わりますから」といって、
ちょっと恥かしそうにしながら、私のペニスを優しく手に持って薬を塗ってくれました。
当然のことながら、女性に始めて、そんなところを触られた私は、
ペニスを激しく勃起させてしまったのです。
思わず、「すみません、なんか、こんななっちゃって・・」とテレ隠しに言うと、
「あっ、そんな、大丈夫ですよ、若い方は殆ど、こういう風になられますから・・」といってくれました。
それで少しは救われた気分がしたのですが、今度は包皮を剥かれたり、
陰嚢を手のひらで包んで持ち上げられるうちに、我慢ができなくなってきました。
恥かしいことに、私のペニスはカチカチに勃起したうえに、ビクンビクンと波打ち、
先端が少し濡れてきてしまいました。
看護婦さんも、その変化に気づいたのか、かなり恥かしそうな感じでしたが、
「あの、いいですよ、こちらで受けますから、、おっしゃってください。」と言ってくれました。
もう、相当興奮していた私は、
「すみません、あの、出そうなんです・・」と、告白しました。
看護婦さんは、「あ、はい、じゃあ、、こちらに・・」といって、
私がさっき前を隠していたガーゼをとって、ペニスの先端に覆ってくれました。
そして、なんと、手を勃起したペニスに添えて、
「はい、、いいですよ、、どうぞ ・・」といって、包皮をユルユルとシゴいてくれたのです。
しかも、そのとき看護婦さんは立て膝で座るような体勢になっていましたから、
白いストッキングに包まれた太ももの奥の下着が見えてしまい、
私は看護婦さんの顔と、その下着を見ながら「ああ、イク・・」とつぶやいて、
恥かしい射精をしました。
完全に射精が終わると、新しいガーゼで拭いてくれて、すこし微笑みながら、
「どう?よかった?」といってくれました。
もう何年も起ちますが、未だにそのときの笑顔と下着と手のぬくもりが忘れられません。

看護婦さんと実習生にお風呂に入れてもらった

僕は、中学卒業した頃から難病にかかってしまったため、
入院期間が結構長かったんです。
だから恥ずかしい体験もたくさんしました。
当時(十代後半)寝たきりだった僕は、リフトバスといって、
ベッドのようなものに寝たまま入浴ができるもので、
看護婦さんに週2回ほどお風呂に入れてもらってました。
いつもは年輩の看護婦さんが1人で入れてくれるんだけど、
その日は看護学校の実習生が一緒でした。
いつものようにお風呂場で素っ裸にされて、体を洗ってもらったんですが、
実習生が一緒という事で、看護婦さんは実習生にいろいろとケアの仕方を説明しながら僕の体を洗い始めました。
その実習生はすっごくかわいくて、そのコに見られてると思うとそれだけでも恥ずかしいのに、
看護婦さんは僕のおちんちんの洗い方まで説明し始めました。
看護婦さんは「包茎の患者さんだったら、まず皮をむいて…」と言って、
僕の包茎のおちんちんをむきました。
そしてガーゼに石鹸をつけていつもより念入りに洗い始めました。
実習生は真剣に見ています。
看護婦さんは洗い終わると皮を元に戻しました。
やっと終わりだと思っていたら、こともあろうに「じゃあ、あなた、今のように実際にやってみて」と、
実習生に僕のおちんちんを洗わせたんです。
実習生は僕のおちんちんをむいて、洗い始めました。
実習生はまだ慣れてない手つきで一生懸命おちんちんを洗ってます。
その洗い方が、やっぱり看護婦さんと違ってどうしても揉むような洗い方になってしまい、
僕のおちんちんは我慢しきれずとうとう勃起してしまいました。
実習生は少しビックリした表情をしてたけど、そのまま続けて洗っていました。
僕はもう開き直って、実習生の手のぬくもりを楽しみました。実習生の手に包まれたおちんちんは、ついに爆発しました。
それ以後、僕は毎晩、6人部屋であるにもかかわらず、
実習生の手の感触を思い出しながらオナニーをするようになりました。

男性患者さんへの剃毛こぼれ話

男性患者さんへの剃毛こぼれ話
私は今、外科勤務で、手術の前処置で剃毛する機会も多いんです。
はじめて、剃毛したのは学生のときですね。
どうやって良いかわからず、おそるおそるペニスの先端を人さし指と中指でつまむように持って
陰嚢の周囲の毛を剃っていたところ、先輩ナースに部屋の外に呼べれて、
ひどく怒られました。
「手がすべってペニスがズレてしまってカミソリにあたってしまって傷ついたら危ないでしょ」
「恥ずかしいかもしれないけど、剃毛中は左手でペニスをしっかり握りなさい。
ペニスを少し引っ張り気味にして傷つけないように、引っ張ったのと反対側を剃っていきなさい」
病室へもどった私は、「失礼します」と言って先輩に言われた通りにペニスを左手で握って持とうとしました。
でもペニスが小さくなっていてうまく握れなかったんです。
なんとか根元の方から握り直そうとしましたが、亀頭が手のひらの中で遊んでいる感じで、
うまく剃れなかった思い出があります。
経験をつむとなんでもうまくなるものですね。
最初の頃、顔を真っ赤にして処置していた自分がなつかしい。
やっぱり、看護婦も女性ですし、若い男性(特に高校生)が入院すると
みんな誰が受け持ちになるんだろうとドキドキするんです。
剃毛の時、若い方の場合、ほとんど、勃起されますね。
最初から勃起されている方もおられますし、握っている手の中でだんだん大きくなってくる方もいます。
亀頭の先端を濡らしてしまう場合も良くありますね。
でも今まで、一度も射精した方はいませんね。
もちろんこちらからペニスをしごくなんてことあり得ません,
私達は風俗嬢じゃありませんから。
ただ、友人の看護婦からこんな話を聞いたことはあります。
その友人が新人看護婦の補佐を担当していたときのことです。
大学生の患者の剃毛の際、新人看護婦は剃毛がはじめてだったらしく
次のように教えたそうなんです。
「ペニスを亀頭の下のところでしっかり握って持つように」
これは私が最初に教えてもらったのとほぼ同じなんですが、
友人は「少し勃起させると握りやすいかも」と一言付け加えてしまったんです。
はじめての剃毛の際,まず一人でやらせることはないんですが、その日は急患で忙しかったらしく
友人の目の届かないところでその新人さんは剃毛を始めてしまいました。
どうやら、私が最初に経験したようにペニスがちじこまっていてうまく握れなかったようなんです。
困ってしまって、まじめなその新人さんは何度も握り直そうとしても上手く行かず、
友人の言葉を信じてペニスをしごきはじめたらしいんです。
友人が急患の申し送りを済ませて、病室に入ってカーテンをあけると剃毛は済んでおらす、
患者さんの太ももに精液がかかっていたとのことです。
結局その患者さんは、ペニスがもとから小さく、とっくに勃起しているのにそれに気づかず
しごき続けて射精させてしまったようなんです。
後にも先にも、剃毛で射精させてしまった話を聞いたのはこれくらいですね。
みなさんあまり看護婦にへんな幻想をいだかないでください。

病院でcfnm的体験

看護婦:はい、ズボンと下着をとってここに横になってくださいね。
患者:・・・はい
看護婦:大丈夫ですよー、ここは病院ですからねー(微笑)
患者:・・全部・・ですよね(泣きそうな顔、心臓ばくばく)
看護婦:(無言で微笑みながら、しかししっかりと頷く)
看護婦:はい、仰向けで横になってください。
患者:・・・はい
看護婦:はーい、力を抜いて楽にしてください。
(そのあと局部を隠している患者の両手を優しくはずす)
患者:・・(真っ赤な顔、心臓ばくばく)
看護婦:(微笑みながらも○○はしっかり視界に捉えている)
看護婦:あらぁ、元気になっちゃったわねー
患者:・・・すみません・・
看護婦:いいんですよ、○○君、若いんだし、よくあることだから(微笑)

男性患者さんへの剃毛こぼれ話

男性患者さんへの剃毛こぼれ話
私は今、外科勤務で、手術の前処置で剃毛する機会も多いんです。
はじめて、剃毛したのは学生のときですね。
どうやって良いかわからず、おそるおそるペニスの先端を人さし指と中指でつまむように持って
陰嚢の周囲の毛を剃っていたところ、先輩ナースに部屋の外に呼べれて、
ひどく怒られました。
「手がすべってペニスがズレてしまってカミソリにあたってしまって傷ついたら危ないでしょ」
「恥ずかしいかもしれないけど、剃毛中は左手でペニスをしっかり握りなさい。
ペニスを少し引っ張り気味にして傷つけないように、引っ張ったのと反対側を剃っていきなさい」
病室へもどった私は、「失礼します」と言って先輩に言われた通りにペニスを左手で握って持とうとしました。
でもペニスが小さくなっていてうまく握れなかったんです。
なんとか根元の方から握り直そうとしましたが、亀頭が手のひらの中で遊んでいる感じで、
うまく剃れなかった思い出があります。
経験をつむとなんでもうまくなるものですね。
最初の頃、顔を真っ赤にして処置していた自分がなつかしい。
やっぱり、看護婦も女性ですし、若い男性(特に高校生)が入院すると
みんな誰が受け持ちになるんだろうとドキドキするんです。
剃毛の時、若い方の場合、ほとんど、勃起されますね。
最初から勃起されている方もおられますし、握っている手の中でだんだん大きくなってくる方もいます。
亀頭の先端を濡らしてしまう場合も良くありますね。
でも今まで、一度も射精した方はいませんね。
もちろんこちらからペニスをしごくなんてことあり得ません,
私達は風俗嬢じゃありませんから。
ただ、友人の看護婦からこんな話を聞いたことはあります。
その友人が新人看護婦の補佐を担当していたときのことです。
大学生の患者の剃毛の際、新人看護婦は剃毛がはじめてだったらしく
次のように教えたそうなんです。
「ペニスを亀頭の下のところでしっかり握って持つように」
これは私が最初に教えてもらったのとほぼ同じなんですが、
友人は「少し勃起させると握りやすいかも」と一言付け加えてしまったんです。
はじめての剃毛の際,まず一人でやらせることはないんですが、その日は急患で忙しかったらしく
友人の目の届かないところでその新人さんは剃毛を始めてしまいました。
どうやら、私が最初に経験したようにペニスがちじこまっていてうまく握れなかったようなんです。
困ってしまって、まじめなその新人さんは何度も握り直そうとしても上手く行かず、
友人の言葉を信じてペニスをしごきはじめたらしいんです。
友人が急患の申し送りを済ませて、病室に入ってカーテンをあけると剃毛は済んでおらす、
患者さんの太ももに精液がかかっていたとのことです。
結局その患者さんは、ペニスがもとから小さく、とっくに勃起しているのにそれに気づかず
しごき続けて射精させてしまったようなんです。
後にも先にも、剃毛で射精させてしまった話を聞いたのはこれくらいですね。
みなさんあまり看護婦にへんな幻想をいだかないでください。